「ニース地方」
立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」『 食倶楽部Vol.4 』

< ニース地方 >

今回は、ニース地方についてのお話です。

long time ago ...

私はロンドンから、ニース空港に降りたったと同時に、

突然のハプニング!?!

なんと!荷物が届いていないのです!ヽ(#≧y≦)/

案内所の女性に「荷物が届いていないんだぉ~!!」と説明するのです

が、どうにも...通じまへんがな... _| ̄|○

と、その時、ある男性(青年)の一人が私に「どうしたんですか?」と

聞いてきたのです...( え!?この人、日本人なのか?(心の叫び))


なんと、この青年、わたしと一緒の飛行機に乗ってきたらしく、

ロンドン在住で、父親がイギリス人、母親が日本人ということもあり

日本語がペラペ~ラ!で、私の荷物の件を処理してくれたのです!

おまけに、その青年の父親の別荘(グラース:車で約20分走った丘陵地帯)とやらに一泊させていただけることになりました。

とても親切な方で、その夜は、素敵なグラースの町(村)にて二人で

長い夜を飲み明かしちゃいました...

そして、次の日、私の荷物が届いたのでニースの町へ戻りました。

当時のニース地方はコントロールという規制が厳しくて、外国人労働者

は受け入れてもらえない時期でした・・・。

しかし!どうしてもニースで働きたいという思いが強く、20軒ほど

レストランにお願いに行ったのですが、「労働ビザがないから」と

断られてしまいました。。.゜.(ノД`).゜.。

もし警察に見つかったら、店側が罰金200万円を払うことになる

とのことで、諦めて、殆んどのレストラン、ブラッスリーを食べ歩き

し、ニース風サラダ、お魚のスープなどニース地方の料理を満喫して

約一週間ほど滞在しました。

一言では言えませんが、ニースとは、人の心を穏やかにしてくれる

魅力的な町だと思いました。

(時代が時代だったので、働くことはできませんでしたが... )

町中がハーブ、潮の香りがいっぱいで人情あふれる町でした・・・

その後の私の行動はというと

私、どうしても「モナコ公国」に行きたかったので「モナコ」まで足を

運び、修行の旅は、まだ続くのでありました・・・。














スポンサーサイト
【2006/06/21 20:48 】 | 美食倶楽部 | コメント(0) | トラックバック(0)
『会食会』人数追加のお知らせ
前々回に、お知らせさせていただいた、美食倶楽部「会食会」の方が

お問い合わせが結構ございまして、参加人数を10名→15名にさせて

いただけることになりましたぁ~!!

まったくもって、本当に皆様のおかげでございます♪

今回、日程や時間が合わないからと見送られている方がいらっしゃる

とも思います....

でも、安心してください!

「会食会」は、立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」を応援して

くださっている方や、食に興味のある方々のコミュニケーションの場

として、フランス料理やワインを楽しむ場として

今後も、不定期にはなると思いますが、必ず、第2回目第3回目....と

会食会を、ご用意できるようにがんばりますので!!

とりあえず、人数追加ということで、日時の都合がよい方は、

ぜひ、お問い合わせの上、ご参加くださいね~♪!

~ 第1回 プロヴァンサル会食会『 美食倶楽部 』のお知らせ
                         ( 要予約 ) ~

日 時: 2006年7月1日( 土曜日 )

場 所: 立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」( 貸切です )

人 数: 8-15名様を予定しております。( 定員制 )

ワイン及び料理:
         ソムリエ( 小森氏 )の厳選したワイン数本
       
         シェフ(わたくし「佐藤」)が提供する
                  プロヴァンス地方の料理中心

会 費: 5,000円(税込み)/人 
    (参加費、料理、飲み物代等全て込みです)

 なお、要予約なので、必ず、ご予約をしてくださいね!

 ご予約は、立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」にて電話受付を

 いたしております。ぜひ!興味のある方は、ご参加下ださいね~!
【2006/06/14 07:09 】 | 美食倶楽部 | コメント(0) | トラックバック(0)
マルセイユ
今回は、マルセイユのお話を....

潮の香りと漁港が似合う町マルセイユ。

初めて、マルセイユに行ったのは、25才の時でした。

初めて見るマルセイユ...マルセイユに関して、ルパンは知っていました

が、そんなに情報はなく、漁港が盛んな町でした。

さすが、漁港が盛んな町だけあって、「ブイヤベース」がこれほど

おいしいものだったのか~!と思うほど、プリプリの帆立に、

身がしまったホウボウ...香り高い手長エビなど、いろいろな魚介類で

とても幸せな気分になりました。

また、わたくし、佐藤の「オススメポイント」もあります!

そこは、マルセイユ駅から約10分ほど歩いた所に、マルセイユが一望

できる、高い丘があります。

広がった地中海も見え、これこそが「マルセイユ~!」という感じで

した。

そのほかにも、イフ島という無人島があって、港から船が出ているの

で、そこも本当に素晴らしい所なので、おフランスにご旅行を考えて

いる人は、是非、一度行かれてみるといいですよ~♪

ちなみに、現在ワールドカップサッカーが開催中ですが、

フランス代表の「ジダン選手」もマルセイユ出身ですよね!

日本チームは、オーストラリア戦で、惜しくも、負けてしまいました

が、次の試合はガンガッテ!欲しいなぁ...ガンバレ!日本!!日本!♪

仕事中でしたが、ワールドカップ中継を、プロヴァンサルの店内TVで

も見られるので、正直、後半戦は、ポーカーフェイス装いながらも、

(なんせ!仕事中ですから...)興奮!しちゃいましたよ~!

次回は、ニース地方について...書いてみようと思います。

次回も是非、おつきあいくださいね!

【2006/06/13 08:49 】 | 美食倶楽部 | コメント(3) | トラックバック(0)
『美食倶楽部』会食会やります!
前回、ニース等...の記事を書きますと言いましたが.....

申し訳ありません...

今回は、ちょっと、お知らせしたいことがありまして・・・(*^。^*)

来る7月1日(土曜日)に、私の勤めているお店「プロヴァンサル」で

会食会を催すこととなりました~♪

私は、プロヴァンス地方の料理を中心に、(裏メニュー??)
また、ソムリエさんがお店で未メニューとしている「厳選ワイン」!

で、皆さんに、料理やワインの知識習得とでも言いましょうか・・・

食に興味のある方々のコミュニケーションの場として、仏料理や

ワインを楽しむ場として、気軽な会食会をやりますので、興味がある方

は、要予約&人数制限がありますが、ぜひ!参加してみてくださいね!

とりあえず、日時と場所などの詳細もあげておきますので・・・

            ※ 要予約ですので注意してくださいね~!

日 時:  2006年7月1日(土曜日)

      18時-20時くらいまで( 17時30分開場 )

場 所:  プロヴァンサル
      新宿区歌舞伎町2-45-7大喜ビル 1F

人 数:  8-10名様ほどを予定しています(定員制です) 

会 費:  5,000円(税込み)/人
      参加費、料理、飲み物代全て込みです。

◎ ご予約は、「プロヴァンサル」お店の方で、
                 電話にて受付となります。

 定員になり次第受付終了となりますので、お早めにご予約ください。

キャンセル待ちもあったりするので
           まずは、お問い合わせしてみてくださいね♪


電話受付時間  16:00-20:00(日曜日を除く月-土の間です)

電話番号  03-3205-8113

    お友達同士やカップル、お一人様もありですので!
 
    是非、来てくださいね~♪

    心より、お待ちしておりま~す!!





【2006/06/10 12:13 】 | 美食倶楽部 | コメント(1) | トラックバック(0)
『プロヴァンスの香り』
~立ち呑みフレンチプロヴァンサル『美食倶楽部』vol.2~

6月に入り、日本は梅雨の季節になりました。

10年前、私はフランスプロヴァンス地方のアビニョンのレストランの

キッチンで汗を流しておりました。

当時、日本人は殆んどおらず、いたかと思えば中国人でした....

そんな町でも少し歩けば、農村地帯が広がりなんと言っても、

野原いっぱいに野生のハーブが自生しているのです。

パリに住んでいた時は、街には香水の香りがしておりましたが、

プロヴァンス地方は、天然のハーブの香りでいっぱいなのです!

タイム・ラベンダー・ローズマリーなど、さすがアロマテラピーの

さかんな町だと思いましたね....

そして、毎日が、フランス語(プロヴァンスなまり??)でしたが

憧れの地で、汗水を流しながら働き、休日は、ハーブいっぱいの野原で

一人淋しく(?)安い地酒とチーズで一人酒盛りをして楽しんだりと、

日々、幸せ感じてましたね~♪

ぜひ、皆さんも機会があったら、「プロヴァンス地方」に足を運んで

みてください…

きっと、プロヴァンスの香りに癒され楽しめることと思います。

次回は、ニース、モナコ、マルセイユのことを書いてみようかと思って

ますので、今後とも、是非、お付き合いくださいね…




【2006/06/07 04:47 】 | 美食倶楽部 | コメント(0) | トラックバック(0)
ごあいさつ
始めまして、立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」のシェフを
しております「佐藤」と申します。
今回からスタートをするにあたって、私の簡単なプロフィールを
語らせていただきます。

出 身:仙台
年 齢:不詳
料理歴:19年

21歳で東京へ上京、都内レストランで修行
25歳でフランス、イギリスに留学
帰国後、都内フレンチレストランでシェフを勤め、その後、都内に
レストランを開き2年間で終了...
その後、病気に冒され、1年半療養.... _| ̄|○

途方にくれていた時期に「神の手」が差し伸べられ
昨年11月4日に新宿に立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」を
openいたしました~!

現在、半年が経ち、常連様もつき、お客様や、スタッフのおかげで、
順調にいっていると思います。

やっぱり、駅前ですよ!んん?駅前?!いや!腕前?!(ハッハッw)
というわけで、次回からは、お店の事やプロヴァンス地方に関すること
などを載せていきたいと思いますので、どうぞ、末長く宜しくお願い
いたします。。。。(ノ≧∇≦)ノ












【2006/06/01 18:51 】 | 美食倶楽部 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad